×

CATEGORY

HOME»  薬局からのお便り

薬局からのお便り

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1

これだけは知っておきたい「サプリメントの基本」

これだけは知っておきたい「サプリメントの基本」

 

薬局などにはたくさんの種類のサプリメントが並んでいます。利用している方も多いのではないでしょうか。しかし間違った飲み方をすると、健康にマイナスの影響が出てくることがあります。サプリメントの基礎知識を身につけておきましょう。

 

足りない栄養成分や機能成分を補給するもの

私たちが口から摂取するもののうち、医薬品(医薬部外品を含める)以外のものはすべて食品に該当します。したがってサプリメントはあくまでも食品であり、医薬品のように病気を治療したり、症状を緩和したりするものではありません。
サプリメントについての決まった定義はありませんが、一般に「体に必要な栄養成分や体によい効果をもたらす機能成分を“補う”食品」を指します。つまり、基本は食事であり、食事だけでは十分に栄養成分や機能成分を摂れないときに補給するものがサプリメントといえます。利用する前に、まずはふだんの食生活を見直し、そのうえで利用を検討しましょう。

 

表示を必ず確認し、注意事項を守りましょう

サプリメントは食品だから副作用はないと思っていませんか。卵やサバといった食品でアレルギーが出ることがあるように、サプリメントも誰にでも合うとは限りません。
野菜や魚の産地などを気にするように、サプリメントを選ぶ際にも、どのような成分をどのくらい含んでいるのかなど、確認することが大切です。特にアレルギー体質の人は原材料をよくチェックしましょう。表示されている摂取の目安量や注意事項は必ず守りましょう。

 

複数のサプリメントの使用、薬との併用に要注意

複数のサプリメントを使用するときは飲み合わせに注意が必要です。例えば、ビタミンAやビタミンDといった脂溶性ビタミンは体内で蓄積されるため、摂りすぎによる過剰症をもたらす可能性があります。  薬との飲み合わせにも気をつけなければなりません。サプリメントの成分によっては薬の作用を必要以上に強めたり、逆に弱めたりすることがあります。飲み合わせの悪い例として、ビタミンCと利尿薬、ビタミンDと強心薬、葉酸と抗てんかん薬などがあります。
こうした危険を避けるには、利用している、あるいは利用を検討しているサプリメントについて、受診時に医師や薬剤師に伝えることが大切です。また、お薬手帳にも購入したサプリメントの情報を記載しておきましょう。
なお、どんなサプリメントを選んだらよいかわからない場合には、薬剤師に気軽にご相談ください。体調の変化など、健康について何でも相談できる、かかりつけ薬剤師をもつことをおすすめします。




サプリメントのイラスト

 

 


 

2017-03-27 11:41:54

コメント(0)

受診時には「おくすり手帳」を忘れずに

受診時には「おくすり手帳」を忘れずに

 

医師や薬剤師などから「今服用している薬があったら、その名前を教えてください」と聞かれたことはありませんか。 その場で正確に答えるのは難しいもの。そんなとき役立つのが「おくすり手帳」です。特に災害時に「おくすり手帳」は大活躍します。

 

1冊の「おくすり手帳」に情報をまとめましょう

おくすり手帳は、処方された薬の名前や飲む量、剤形、飲み方のほか、以前の服用で出た副作用やアレルギーなどについて記録するための手帳です。これらの記録があると、医師や薬剤師は、その人がどのような薬をどのくらいの期間飲んだか、処方を避けたほうがよい薬は何かなどを把握でき、薬を選択するときに適切な判断ができます。また、複数の診療科や医療機関にかかっているとき、医師や薬剤師はおくすり手帳に書かれた記録をもとに、同じ薬が処方されていないか、薬の飲み合わせに問題はないかなどを確認できます。
ただし、記録が集約されていないと、おくすり手帳を使うメリットは十分に得られません。診療科ごと、医療機関ごとに別のおくすり手帳にするのではなく、すべての診療科、医療機関の薬の情報を1冊にまとめてこそ、医師や薬剤師はより適切にチェックできます。なお、市販薬やサプリメントの中には、処方薬との飲み合わせが良くないものもあります。これらの情報も記録するようにしましょう。

 

おくすり手帳は薬局で、無料でもらえます

おくすり手帳はノートなどを使って自作してもよいのですが、薬局で無料でもらえます。それらは表紙のデザインなどが違っていたりしますが、どれも、名前や生年月日、血液型、主な病気の履歴といった基本情報と、服用する薬の名前や用量、回数など、毎回書き加えるべき情報が記録できるようになっています。
最近一部の薬局では、スマートフォンにアプリケーションをインストールして、紙のおくすり手帳に代わるものとして使えるようになっています。国はおくすり手帳の普及を図るために、平成28年4月の調剤報酬改定で、6カ月以内に同じ薬局を利用する際におくすり手帳を持参すると、薬局に支払う料金が、3割負担の方で30~40円程度安くなるようにしました。ただし、薬局の施設基準などによっては適用されないこともあるので、薬局に問い合わせるとよいでしょう。

 

災害時にも、おくすり手帳の情報は大いに役立ちます

おくすり手帳は普段の診療時だけでなく、災害時にも大いに役立ちます。例えば災害時の避難先で持病の薬が切れてしまった場合、おくすり手帳があればよそから支援に来た医療スタッフでも、その方が今どんな薬を飲んでいるかがすぐに把握でき、最適な薬を投薬することができます。
避難するときにさっと持ち出せるように、おくすり手帳はいつも同じ場所に置いておくとよいでしょう。おくすり手帳についてわからないことなどがあれば気軽に薬剤師におたずねください。


お薬手帳のイラスト

 

2017-03-06 14:08:55

コメント(0)

「突然の尿意」、頻繁にありませんか?

「突然の尿意」、頻繁にありませんか?

 

寒いとどうしてもトイレが近くなりがちです。しかし季節を問わず、日ごろから突然尿意を覚えてたびたびトイレに行く、 時にはトイレに間に合わず漏らしてしまう、といったことはありませんか。「過活動膀胱」かもしれません。

 

突然トイレに行きたくなり、尿漏れすることも

腎臓から送られてきた尿は膀胱に一時貯蔵されます。膀胱は伸縮性に富んだ筋肉の袋で、排尿時以外は尿が外に漏れないように、袋の出口は尿道括約筋によりしっかり締められています。尿が一定量たまると、その情報が脳に送られ、尿意として意識されます。すると脳はいったん排尿を抑制します。トイレに入り、便座に腰かけるなどして排泄環境が整うと、尿がたまったという情報が再び脳に伝えられ、それまでの抑制命令は解除され、膀胱が収縮して尿道括約筋が緩み、尿が排泄されます。
ところが、膀胱にたまった尿が少量であるにもかかわらず、膀胱が勝手に収縮してしまうことがあります。すると、突然強い尿意を感じてトイレに駆け込んだり、トイレに行く前に漏らしてしまったりします。これが「過活動膀胱」です。

 

生活指導や膀胱訓練も治療として行われる

過活動膀胱の原因には、脳や脊髄の障害、前立腺肥大症、骨盤臓器脱、骨盤底の緩みなどがありますが、原因がはっきりしない場合も少なくありません。
過活動膀胱は問診でほぼ診断がつきますが、膀胱炎や結石、膀胱がんといった、過活動膀胱と似た症状を引き起こす病気があるため、通常は尿検査や血液検査などによる鑑別診断が行われます。
治療の中心は「行動療法」と「薬物療法」です。行動療法の一つに生活指導があります。例えば、水分を摂りすぎている場合には、減らすように指導を行います。また、過活動膀胱の危険因子である肥満や便秘の改善、禁煙がすすめられます。トイレに行きたくなっても我慢して排尿間隔を開けるようにする膀胱訓練や、肛門周辺の筋肉を締めたり緩めたりして、骨盤底にある筋肉を鍛える体操も、効果が期待できます。

 

医療用医薬品の成分を含んだ市販薬もある

薬物療法では、一般に膀胱の収縮を抑える抗コリン薬などが用いられます。この薬は口の渇きや便秘などの副作用が現れることがあります。また、以前から頻尿治療に使われてきたフラボキサート塩酸塩という医療用成分を配合した市販薬も出ています。
過活動膀胱があると安心して外出できず、家に引きこもりがちになるなど、生活の質の低下につながります。恥ずかしがらずに泌尿器科を受診するか、薬剤師に相談しましょう。

 

 頻尿のイラスト

 

 

2017-02-23 10:45:38

コメント(0)

薬の飲み方にも、ルールがある?

薬の飲み方にも、ルールがある?

 

薬は、医師の診断によって処方される処方薬(医療用医薬品)と、薬局や薬店で自分の症状に合わせて購入する市販薬(OTC医薬品)に大別されます。
処方薬の場合は、医師や薬剤師の説明をよく聞き、渡される説明書や薬袋に書かれた用法・用量を守りましょう。
市販薬は、薬剤師のアドバイスを受け、自分に合った薬を選ぶようにします。
また、添付されている説明書(能書)に、必ず目を通してから飲みましょう。

薬を飲む際の主な注意点を次に挙げます。

薬を飲む際の主な注意点

(1)用量を厳守する
薬の作用はその分量と密接な関係があります。指示された量より少なく飲んでも効果は現れませんし、逆に多く飲むと有害な作用が生じる危険性があります。

(2)服用回数を守る
薬の効果が最大に現れ、なおかつ副作用が出ないように考慮して、薬の服用回数は決められています。いつ服用したらよいかが薬袋に書かれているので守るようにしましょう。「食前」は食事の30分くらい前、「食後」は食事が終わって20〜30分後、「食間」は食事と食事の間(食後2時間)を指します。

(3)コップ1杯の水かぬるま湯で飲む
通常、薬は水またはぬるま湯で飲みます。水なしで飲むと、薬がのどや食道にひっかかり、そこで溶け出し、のどや食道を痛めたり、十分に効果が発揮されないおそれがあります。酒、牛乳、コーヒーなどの飲み物は薬の作用に影響を与える可能性があるので避けましょう。

(4)処方薬は勝手にやめない
体の具合がよくなったからと自分の判断で処方薬を飲むのをやめるのは危険です。必ず医師や薬剤師に相談してからにしましょう。

(5)飲んで異常があると感じたときは相談を
何らかの原因で、副作用が現れることがあります。飲んだ後、何か変だなと感じたら、速やかに医師や薬剤師に相談してください。


薬を飲んでいる人のイラスト

2017-02-14 14:36:44

コメント(0)

風邪・インフルエンザ対策をしっかりと

風邪・インフルエンザ対策をしっかりと

 

風邪は風邪症候群とも呼ばれ、1年中かかる可能性がありますが、寒くなり空気が乾燥するこの時期は特に注意が必要です。 自分自身が感染しないために、また周りの人に感染させないために、しっかりと対策を講じましょう。

 

普通の風邪とインフルエンザの症状の違いとは

風邪の多くはウイルスの感染によって起こります。いわゆる普通の風邪がウイルスを特定しにくいのに対し、インフルエンザの病原体はインフルエンザウイルスです。
普通の風邪とインフルンザでは、症状に違いがみられます。風邪の典型的な症状は「のどの痛み」「咳」「鼻汁」などです。発熱があっても38℃未満がほとんどで重症化することはあまりありません。一方、インフルエンザの一般的な症状は「38℃以上の急な発熱」「関節痛」「筋肉痛」「頭痛」などで、肺炎やインフルエンザ脳症などの重い合併症を引き起こすこともあります。

 

手洗いとうがい、マスクの着用などで予防

風邪・インフルエンザ対策の基本は手洗いです。外から帰ってきたときは、石けんで指の付け根や爪の間などもしっかりと手を洗い、最後に流水で石けんをよく洗い流しましょう。併せてうがいも行いましょう。ほこりなどを取り除いて、のどの抵抗力の低下を防ぐことができます。
マスクの着用はほかの人への感染防止にも役立ちます。咳やくしゃみなどの症状がある人は積極的にマスクを着用しましょう。そのほか、室内を加湿する、人込みを避ける、バランスのとれた食事と十分な睡眠をとるといったことも心がけましょう。
なお、インフルエンザワクチンの予防接種がまだの人は早めに受けることをおすすめします。インフルエンザにかかりにくくなったり、重症化を防いだりできます。

 

市販薬を購入する際は症状を薬剤師に伝えて

風邪あるいはインフルエンザが疑われるときには、感染の拡大を防ぐためにも、可能な限り家で安静にしましょう。
風邪で市販薬(大衆薬)を利用するときは、症状に合ったものを選ぶことが大切です。市販薬にはさまざまな種類があるので、購入する際は症状を薬剤師に伝えるようにしましょう。
インフルエンザに関しては、医師の処方する薬に効果の高いものがあります。ただし、症状が出始めてから48時間以内でないと十分な効果が得られません。「インフルエンザかな」と思ったときは早めに受診しましょう。風邪・インフルエンザについてわからないことは、気軽に薬剤師におたずねください。

 

 脇を冷やす子供のイラスト

2017-02-09 11:35:19

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1

CONTENTS